フリーターが知っておくべき就職マニュアル

*

フリーターから就職を目指す面接術

1.面接でライバルに差をつけるために

 フリーターが正社員として就職できるか否かは、面接の出来にかかっています。面接応対のマニュアルは市場に出回っていますので、ここでは面接で実践してほしい、失敗しないポイントをまとめておきたいと思います。

2.面接で失敗しないために

 面接で採用したいと思わせるためには、どんな点に気を付けたらよいのでしょうか。

★ここがポイント!
・フェイスブックやブログでの発言に注意する
・面接官の質問には簡潔に答え、話しすぎない
・面接の行きかえりにもチェックの目が光っていることを忘れない

 面接は、あなたの人となりを確認するために行われるものです。そのチェックは、面接会場の中だけではないと、しっかり認識しておく必要があります。

3.自分の発言に注意する

 フェイスブックやブログをしているフリーターの方々が一番注意すべきことは、自分の発言が事前にチェックされている可能性が高いと認識し、不用意なアップを避けるということです。フェイスブックは実名登録なので、企業は検索しやすいものです。ブロックをかけても、100%検索できないわけではありませんので、自分の印象を悪くするような書き込みは日ごろからやめましょう。また、面接の際にも、自分の気持ちを伝えたいという思いが先走り、質問の回答以上の話をする人が少なくありません。これは、採用担当者の心象を悪くします。一つの質問には一つの回答を心がけ、さらに聞かれたら詳しく説明するようにしましょう。
 

4.企業の目はあちこちに光っている

 面接は、応募した企業の最寄駅に着いたときから始まっています。面接に臨むあなたの服装を見て、応募先の企業の社員が「自分の会社の面接に来たのかも」と考え、注目していることがあります。面接先の側で携帯電話で大声で話したり、マナーを考えずにタバコを吸ったり、上着を脱いでだらしない格好でいるところを見られたら、それは採用担当者に報告され、採否の減点ポイントになります。自分が常に注目されているという、緊張感を持って臨んでください。

面接には笑顔で臨もう!

 採用試験の面接では、必ず志望動機を説明し、自己紹介をするように促されます。そこで笑顔ではきはきと受け答えすることが、あなたの好感度を上げます。常に明るさを保ち、素直で協調性があると印象付けましょう。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
  • キーワード検索など様々な検索方法で探しやすい
  • 毎週多くの求人を更新・追加!
  • リクナビNEXTにしか載っていない求人約85%
  • 利用者の声
    良かった
    フリーターが正社員就職を目指すには、未経験者OKの求人が豊富なリクナビNEXTしかないと思いました。まっとうな就職活動をしたこともなかったので、「転職パーフェクトガイド」の転職活動の基本がとても参考になりました。フリーターであっても、職務経験にはなるので、「レジュメ入力講座」を参考に、少しでも魅力あふれる応募書類を作成することから、始めようと思います。
    良かった
    履歴書の書き方や求人の見方はわかっているつもりだったけど、正社員就職を目指すなら、もっときちんとしなければいけないと、「転職成功ノウハウ」を読んでわかった。特に求人票は、雇用形態や加入できる保険、交通費や休日の見方などが理解できると、自分で取捨選択できるようになる。フリーターから脱出したいので、あくまでも正社員採用にこだわって、活動していきたい。
    良かった
    フリーターの自分が登録しても、スカウトなどこないと思い込んでいました。ですが、エントリーしても書類選考が通らず、ダメでもともとと考えて、職務経歴を登録したら、同じサービス業からオープンオファーが届いたのです。即内定につながるとは限りませんが、これもご縁なので、さっそくエントリーしてみます!
    普通
    リクナビNEXTには未経験者OKの求人が多いけど、職種には偏りがある気がする。若者ばかりの会社だと、ブラック企業じゃないかと不安になるし、もう少し過去の業績や働いているひとの生の声を載せてほしいと思う。


    リクルートエージェント
    詳細
    ★★★★
  • キャリアコンサルタントとの面談で就職活動で重要な強みや弱みがまるわかり!
  • 求人紹介や相談からアフターフォローまで就職をサポート!
  • 利用者の声
    良かった
    正社員就職を果たせないまま大学を卒業し、長くフリーターを続けてきた。転職サイトを使って就職活動は行っていたものの、思うような成果に蒸し日つかなかったたため、プロのサポートが必要と判断し、リクルートエージェントに登録した。キャリアアドバイザーの方とのカウンセリングを通して、同じアルバイト先に長く勤務し、シフト管理を任されていることが職歴になると聞き、少し自信がでてきた。二人三脚で、正社員就職をめざして、がんばっていこうと思う。
    良かった
    一度も正社員として働いたことがない私は、就職活動をどう進めたらよいのかも、知りませんでした。リクルートエージェントに登録したのは、将来を考えて、何を準備したらよいのかを教えてもらいたかったからです。フリーター経験しかない私に、紹介できる求人などないはずと諦めていましたが、担当のキャリアアドバイザーの方は、すぐに求人を探してくれました。
    良かった
    リクルートエージェントに登録して一番良かったのは、「面接力向上セミナー」に参加できたことだ。企業の採用担当者の立場でシミュレーションするのだが、自分が就職活動の面接においても、アルバイトのときと同じ感覚でいたこと、相手の聞きたいことに的確に答えていなかったことを、客観的に知ることができた。次の面接には、絶対に役立てるつもりだ。
    普通
    リクルートエージェントから紹介される非公開求人の内容は、確かに質が高いです。ですが、キャリアを積んでいないひとには、少しハードルが高い気もします。

    公開日:
    最終更新日:2016/06/28