フリーターが知っておくべき就職マニュアル

*

フリーターの就職を成功させるための秘訣

 学生の就職活動とフリーターの就職活動では、その過程は異なってくるものです。フリーターなりの就職活動を心がけるようにしましょう。バイト経験も時には武器になるはずです。そうしたことも踏まえ、どのような流れで就職へと向かっていけばいいのかを紹介します。

就活前に必要な準備

 今現在の状況を確認し、そして未来も見据えてみましょう。具体的には、アルバイトと関連した業種・職種への就職を目指すのかどうかを考えたり、生活のリズムを変える必要があるのかなどを考えなければなりません。それが就職のための準備となり、より、正社員へと自らを近づけることになります。

【参考記事】
フリーターでも正社員になれる?!でもその前に・・・
会社を選ぶなら企業研究をしっかりやってから決めよう!
正社員になるのにどのくらいの期間が必要ですか?!

あらゆる求人媒体を活用することが大事

 フリーターであっても転職サイトを利用しないのは勿体ない。通常の就職支援サイトや求人情報サイトと共に、転職サイトなども利用し、あらゆる手段によって情報を集めることで、より就職への可能性が広がることになるでしょう。自由になる時間もフルに使い、気になる企業を調査することも忘れずに行ってみてください。

【参考記事】
就職希望者に必要な仕事探しの要点とは?
フリーターがよく見ている求人情報媒体って?!
フリーターなら就職サイトのスカウト機能を徹底活用しよう!
非正規雇用社員から正規雇用社員へ|その間には大きな違いがあるんです

アルバイト経験も経験値としてアピールしよう

 履歴書にはアルバイト経験についても触れておきましょう。アルバイトも仕事と考える企業は少なくなく、そこで身につけた能力が発揮できると応募書類によって伝えられれば、これ以上ない武器となります。その武器を書類上で磨く、これには多少の工夫や技術が求められるものの、時間をかけて行う価値は十分にあるでしょう。

【参考記事】
フリーターなら確認をしておきたい履歴書の書き方について
採用担当はフリーターの履歴書のここを見ている!
応募書類を作成する時にありがちな悩みとは?!

面接は良い印象を持ってもらうことが大事

 面接でもフリーターであることの武器を示すべきです。仕事に対して熱心に取り組んでいたこと、そこでどのような成果を出すことができたのか、そしてそれを企業に何かしらの形で貢献できると伝えることができれば、良い印象を持ってもらうことが可能となります。

【参考記事】
フリーターだからといって面接で負い目に感じることはない!
面接の場でフリーターならこういう質問をしてみよう
フリーターが就職の面接に行く前にチェックしておきたい点とは?!

入社前にやっておくべきことはきちんとする

 フリーターも退職から逃れることはできません。バイト先へ事前に退職の旨を伝え、引き継ぎなどの必要な作業を確実に行っておきましょう。それと同時に入社準備も行っておくことをお勧めします。どちらも就職成功には欠かせないものと考えておいてください。

【参考記事】
就職先が内定したら入社手続きに入ろう!
入社してからの労働条件は自分でしっかりと確認をしよう
フリーターから正社員になるためにやっておきたいことあれこれ
試用期間はどんな制度?法律やルールはあるの?などの疑問に答えます

公開日:
最終更新日:2016/01/20